日本プライマリーケア推進協会 ロゴマーク

HOME > 理事長挨拶

略歴

井領英雄画像

井領 英雄 (いりょう ひでお)

昭和45年(1970年)山口県生まれ。 国立北京中医薬大学卒業。

現在は、北京中医薬大学臨床研究所研究員、ハーバード大学医学部研究員、専攻は腫瘍免疫内科学。

世界医師会会員

米国内科学会会員

日本免疫学会正会員

日本ブルネイ友好協会会員

米国・ハワイ州での環境保護活動でホノルル市長より表彰

タイ王国・ロッブリー県、インド共和国・ガヤの医療施設でボランティア活動を行なう

山口県海風診療所で医療活動を行なう

 

ご挨拶

20 世紀社会は、科学技術の大きな発展により、地球環境の開発が行われ、われわれは利便・快適・豊かさを享受してきました。その結果、われわれは地球の資源枯渇の問題や環境悪化にともなう人類存続の危機を 21 世紀へ持ち込むことになってしまいました。資源の消費や環境悪化が現在のまま続けば、100年以内に地球の成長は限界に達すると科学的にも示されています。

そこで私たちは医療従事者を中心に、日本プライマリーケア推進協会を設立し、プライマリーケアすなわち基本を見直し、考えるという立場から予防医学を推進し、それを取りまく食生活から環境までをも改善していく活動を行なってまいりました。

きたるべき 21 世紀に向かって地球環境とその社会をより望ましい形で次の世代に引き継いでいくためにも、あらゆる分野の方々が連携して問題に対処することが急務です。

また、社会のあらゆる側面に関わる実践的事業を推進するためには、市民・事業者・学者など、あらゆる主体が手を取り合い、非営利の精神で集結することが不可欠であり、その観点から、現在、弊会では様々な分野の方々が弊会理事・会員として活動しております。

日本プライマリーケア推進協会は、私たちの身近におこる、あらゆる社会問題を総合的・継続的に根本から見直し、考えていく団体です。

そのため、弊会では、保健・医療・教育・まちづくり・環境保全・科学技術振興・経済活動活性化から国際協力にいたるまで、根本的社会貢献となる事業を皆様に提案するだけでなく、特許等による保護からサポートまでトータルケアを行ってまいります。

 

沿革

2000年4月 医療従事者を中心に予防医学の再認識の必要性を提唱する、特定非営利活動法人を念頭にした任意団体「日本プライマリーケア推進協会」が設立される。(市民無料医療相談の開始)

2001年3月

保健・医療活動として、医療関係者と市民との予防医学研修会を開始
2002年3月 環境保全・国際協力活動として、米国ハワイ州のNPO活動に現地で協力(米国ハワイ州より表彰)
2004年4月 多くの市民に役立つ事業を展開し、社会的責任を果たすべく、特定非営利活動法人の設立に向け、準備会が発足し、設立総会の準備に入る。
2004年7月 まちづくり活動として、地域住民参加による自然農法・環境保護体験準備会発足
2004年7月 教育・国際協力活動として、タイ王国・チェンライ県の少数民族修学支援を開始
2005年3月 特定非営利活動法人として内閣府より認証
2008年9月 保健・医療・国際協力活動として、中国遼寧省に腫瘍免疫学研究所を開設。米国国務省より、大統領と若手医師による乳がんシンポジウムに参加要請
2011年9月 科学技術振興・経済活動活性化活動として、PIロジック推進活動を開始

ホームへ医療へ教育へ国際協力へ

理事長挨拶 PCAについて サイトマップ お問い合わせ